1. ホーム
  2. キャンペーン・セール
  3. ≫UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割って結局どうなの?割引・特典内容や適用条件、期間、ワイモバイルのタダ学割との違いなど

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割って結局どうなの?割引・特典内容や適用条件、期間、ワイモバイルのタダ学割との違いなど


UQモバイル(UQmobile)でUQゼロ学割が始まりましたが、「ゼロ」って何やねん!
ただの学割と違って、なにがおトクなのが、ゼロ学割が始まったニュースをきいた時めっちゃ気になったので、結局のところホントに安いのか、調べてみました!

ゼロ学割というのは、超簡単にいうと、基本使用料が最大4ヶ月「ゼロ」、つまり無料になるキャンペーンです。
ゼロっていうのは、基本使用料がゼロになるんです。
よくある大手携帯電話会社の学割というと、基本使用料が1,000円割引になるくらいで、格安SIMの学割となると数百円引きみたいなのが普通ですよね。
それが、今回このUQモバイルのUQゼロ学割は、最大4ヶ月間も基本使用料がタダという点が非常に魅力的というわけです!
UQモバイルって、一番高いプランだと、月額4,980円なので、その4ヶ月分というと2万円弱の割引
さすがCMで大々的にゼロ学割の宣伝をやってるだけあって、結構でかいですね!!

一番おトクなUQモバイルの申し込み先はこちら

もう少し詳しく、UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割によって、基本使用料が総額どのくらい安くなるかというと、

  • おしゃべり/ぴったりプランS(2GB)⇒-1,980円×4ヶ月=-7,920円
  • おしゃべり/ぴったりプランM(6GB)⇒-2,980円×4ヶ月=-11,920円
  • おしゃべり/ぴったりプランL(14GB)⇒-4,980円×4ヶ月=-19,920円

となっていてます。
docomo、au、ソフトバンクならいざしらず、格安SIMのUQモバイルでこの割引はすごいですよ!

ちなみに、裏技というか、最もこの学割を活用して割引を最大限受けようと思うと、とりあえず4ヶ月だけ大容量プランを契約して、学割適用で無料になる期間が終わったらプラン変更をする方法があります!
これ、知らないと、一番安いプランを最初に契約してしまうと、1万円以上損してしまいます。
やりがちですけどね。
このへんの細かい仕組みを解説しつつ、UQのゼロ学割を最大限活用できるように、情報をまとめてみました。

この記事はこんな方にオススメです!
  • UQモバイルのUQゼロ学割が本当にお得なのかを知りたい方
  • UQモバイルのUQゼロ学割の割引・特典内容、適用条件、開催期間について知りたい方
  • UQモバイルのUQゼロ学割とワイモバイルのタダ学割の違いについて知りたい方

UQモバイルのUQゼロ学割って結局どうなの?

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割は、

  • 3ヶ月間は基本使用料0円
  • 3ヶ月間は機種代金がかかる

ということで、学割といいつつ、基本使用料の安いおしゃべり/ぴったりプランSだと、割引が少なくあまりお得ではありません。
結論的には、データ通信量がたくさん使えるプランであるほど、割引額も大きくなるので、おしゃべり/ぴったりプランM/Lを契約した方がお得なキャンペーンとなっています。

3ヶ月間は基本使用料0円

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割は、基本料金が3ヶ月無料になります。
割引期間が、申し込み時期によって若干変わり、

  • 2017年12月中の申し込みで最大4ヵ月無料
  • 2018年1月以降の申し込みで最大3ヵ月無料

となります。
なので、2017年12月1日~2017年12月31日の間に、キャンペーンに申し込みをすると、基本料0円の期間が長くて少しお得ということになります。

3ヶ月間は機種代金がかかる点に注意

注意したいのは、UQゼロ学割マンスリー割というUQモバイルのセット割の端末を購入に付いてくる割引が無くなってしまうという点です。
UQモバイル(UQmobile)のセット販売端末を購入すると、マンスリー割というものを受けられるのですが、実はこのマンスリー割が適用されるのは、月額料金に対してなんです。
なので、UQゼロ学割で月額料金が0円になる3ヶ月間については、月額割引があっても割引く元がなくなるので、端末代が丸々かかってきてしまいます。

最初の3ヶ月をプランLで契約すると1.5万円が無料に

ただし、UQゼロ学割では、

  • 端末代⇒3ヶ月間実費
  • 基本料金⇒3ヶ月間無料

になるので、基本料金が高ければ高いほど、お得度は増すことになります。
UQゼロ学割が適用できるUQモバイル(UQmobile)の料金プランは以下の6つで、期間中に18以下の未成年の方がおしゃべり/ぴったりプランLに申込むと、-4,980円×3ヶ月=-14,940円で、約1.5万円の割引を受けられることになります。

  • おしゃべり/ぴったりプランS(2GB)⇒-1,980円×3ヶ月=-5,940円
  • おしゃべり/ぴったりプランM(6GB)⇒-2,980円×3ヶ月=-8,940円
  • おしゃべり/ぴったりプランL(14GB)⇒-4,980円×3ヶ月=-14,940円

UQゼロ学割を利用すると、最初の3ヶ月間は、いずれにしても無料なので、たくさんパケットが使えるおしゃべり/ぴったりプランL(14GB)で申し込みをするのがオススメです。

UQモバイルのUQゼロ学割って結局どうなのの要点整理
  • UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割は、3ヶ月間は基本使用料0円・3ヶ月間は機種代金がかかる、というメリット・デメリットがある
  • データ通信量がたくさん使えるプランであるほど、割引額も大きくなるので、おしゃべり/ぴったりプランL(14GB)で申し込みをするのがオススメのキャンペーン

UQモバイルのUQゼロ学割とは?

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割とは、5歳以上18歳以下の方が、UQモバイルに新規契約・MNPをすると、基本料金が最大3ヶ月無料・データ容量がずっと2倍という二つの特典が受けられるという割引です。
通常、携帯電話の学割は、3月頃から開始されるということが多いと思うのですが、UQゼロ学割は、かなり前倒しで実施されていて、5歳以上18歳以下なら何のデメリットもなくUQモバイルに契約できるので、この機会を利用しない手はありません!

キャンペーン期間

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割のキャンペーン期間は、

2017年12月8日(金)~2018年5月31日(木)

の約半年間です。
通常3月ごろに開始される学割が、前倒しで開始されて、ほぼ半年間ずっと学割が受け付けられているということになります。
18歳以下の方がUQモバイル(UQmobile)に申し込むなら、絶対、UQゼロ学割開催中の2018年5月31日までがオススメです。

スマホアドバイザー

学割は3月ごろに終わってしまうイメージがありますが、5月末までと半年間もキャンペーンをやっているんです。

割引・特典内容

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割の特典内容は、

  • 基本使用料が3ヶ月無料
  • データ容量がずっと2倍

の二つです。
UQゼロ学割の名前の通り、基本料金が3ヶ月無料になります。
基本料金については、契約月・契約月の翌月・契約月の翌々月の最大3ヶ月間分が無料になります。
一方、データ容量については、何ヶ月間2倍ということではなく、次の機種変更を行うまでずっと、データ容量が2倍の状態が続きます。

割引内容

UQゼロ学割では、基本料の割引期間が、申し込み時期によって若干変わり、

  • 2017年12月中の申し込みで最大4ヵ月無料
  • 2018年1月以降の申し込みで最大3ヵ月無料

ということになります。
2017年12月に申し込んだ方は2018年3月末まで、2018年1月~5月に申し込んだ方は最大3ヶ月間、月額基本使用料が無料になります。

なお、基本料が無料になるのは、課金開始月から起算して3ヶ月目(2017年12月に申し込んだ場合は2018年3月末)までの間です。
割賦代金、通話料、ユニバーサルサービス料、オプション料金等は別途かかる点には注意してください。

特典内容

UQゼロ学割では、月額基本料の割引だけでなく、データ容量/無料通話が倍増するキャンペーンが延長されるという特典があります。
通常、UQモバイル(UQmobile)では、データ容量2倍キャンペーン/無料通話2倍キャンペーンは、2年間で終了してしまうのですが、UQゼロ学割を利用すると、契約後に機種変更を実施するまで間は「データ増量キャンペーン」「無料通話2倍キャンペーン」の適用が継続となります。

なお、2年以内に機種変更した場合でも、最大2年間は「データ増量キャンペーン」「無料通話2倍キャンペーン」が適用されます。

適用条件

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割の適用条件は、以下のようになります。

  • 対象ユーザー⇒新規またはMNPで対象のプランに契約した方方で、契約時の利用者の年齢が5歳~18歳の未成年
  • 対象プラン⇒おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L

なお、UQモバイル(UQmobile)の料金プランには、

  • データ高速プラン
  • データ無制限プラン

という2年縛りのない料金プランもありますが、上記のプランはUQmobile(UQモバイル)のUQゼロ学割は対象外なので注意しましょう。
UQmobile(UQモバイル)のUQゼロ学割を利用するためには、料金プランは、おしゃべりプランもしくはぴったりプランを選択する必要があります。

スマホアドバイザー

UQゼロ学割は学割と名が付いていますが、別に学生である必要はありません。UQモバイルに申し込みをする時点で、年齢が18歳以下の方であれば大丈夫です。なので、高校生はもちろん、フリーターの方でも大丈夫です。専門学生や、大学生の方でも、19歳の誕生日を迎える前に、UQモバイルに申し込めば、UQゼロ学割を適用させることが出来ます。

適用タイミング

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割は、課金開始月から起算して3ヶ月目の月末まで適用されます。
なお、UQモバイル(UQmobile)の課金開始日は、以下の内、いずれかか早い方となっています。

  • 初めてパケットを利用した日
  • SIMカードがUQモバイルから発送された日から7日後

上記いずれかが含まれる日を1ヶ月目として、3ヶ月目の基本使用料が無料になるというわけです。

UQモバイルのUQゼロ学割の要点整理
  • UQモバイルのUQゼロ学割とは、2017年12月8日(金)~2018年5月31日(木)の間に申込むと、課金開始月から起算して最大4ヶ月間、基本使用料が無料となるキャンペーン
  • 対象プランは、おしゃべりプランS/M/LまたはぴったりプランS/M/Lで、利用者が5歳〜18歳であれば、ゼロ学割の特典を受けることができる

UQモバイルのUQゼロ学割で総額いくら安くなる?

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割を利用すると、契約月・契約月の翌月・契約月の翌々月の月額料金が無料になり、4ヶ月目以降から月額料金が発生するということになります。
UQゼロ学割で総額いくら安くなるのかを見ていきたいと思います。

UQモバイルの基本使用料

まずは、UQモバイル(UQmobile)の基本使用料を確認しましょう。
UQゼロ学割が適用できる料金プランは以下の6つで、それぞれの基本使用料は以下のようになります。

  • おしゃべり/ぴったりプランS(2GB):1年目1,980円、2年目以降2,980円
  • おしゃべり/ぴったりプランM(6GB):1年目2,980円、2年目以降3,980円
  • おしゃべり/ぴったりプランL(14GB):1年目4,980円、2年目以降5,980円

なお、データ高速プラン、音声通話プラン、データ無制限プラン(500Kbps)はUQゼロ学割対象外なので注意してください。

UQゼロ学割適用後の基本使用料

UQゼロ学割を適用させると、月額料金が3ヶ月無料になるということで、契約初月・翌月・翌々月については、月額料金が、

  • おしゃべり/ぴったりプランS(2GB):0円
  • おしゃべり/ぴったりプランM(6GB):0円
  • おしゃべり/ぴったりプランL(14GB):0円

になります。
毎月14GB使えるスマホプランLの場合だと、4,980円×3ヶ月=14,940円で、基本使用料が14,940円も安くなるということになります。

UQモバイルのUQゼロ学割で総額いくら安くなるかの要点整理
  • UQゼロ学割を利用すると2GBプラン⇒-1,980円×3ヶ月=-5,940円、6GBプラン⇒-2,980円×3ヶ月=-8,940円、14GBプラン⇒-14,940円の割引が受けられる
  • データ高速プラン、音声通話プラン、データ無制限プラン(500Kbps)はUQゼロ学割対象外なので注意

UQモバイルのUQゼロ学割のメリット・デメリット

UQモバイルのUQゼロ学割のメリット・デメリットには、以下のようなものがあります。

メリット

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割のメリットには、以下には以下のようなものがあります。

  • キャンペーン期間に、5歳〜18歳の方がUQモバイルを持てば、スマホが無料になる
  • 18歳未満でさえあれば利用できるキャンペーンで、適用条件が厳しくない
  • データ容量2倍オプションが、機種変更をしなければ、2年以降もずっと無料になる

UQゼロ学割の適用条件は、究極的には年齢のみです。
年齢が5歳〜18歳の方であれば、どんな方でも受けられる割引なので、キャンペーン期間の2017年12月〜2018年5月にかけては、学生さんならUQモバイルに申し込まない手はありません。

デメリット

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割のデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 機種変更では、UQゼロ学割は適用されない
  • マンスリー割が適用されない

特に注意したいのは、マンスリー割というUQモバイルのセット割の端末を購入に付いてくる割引が無くなってしまうという点です。
UQモバイル(UQmobile)のセット販売端末を購入すると、マンスリー割というものを受けられるのですが、実はこのマンスリー割が適用されるのは、基本使用料に対してなんです。
なので、UQゼロ学割で基本使用料が0円になる3ヶ月間については、マンスリー割があっても割引く元がなくなるので、端末代は丸々かかってきてしまいます。

したがって、UQゼロ学割を利用する場合は、

月額基本料(割引額)<マンスリー割

となるように、なるべく月額基本料が割高で、データ容量がたくさん利用できるおしゃべり/ぴったりプランL(14GB)で申し込みをするのがオススメです。
それほどデータ容量を14GBも使わないという方は、利用開始日を1ヶ月目としてUQゼロ学割が終了する3ヶ月目の月末の1日前に、おしゃべり/ぴったりプランM/L⇒おしゃべり/ぴったりプランSに変更するのがオススメです。
そうすれば、基本使用料無料のメリットを最大限に受けて、UQゼロ学割終了後は、最安のおしゃべり/ぴったりプランSでUQモバイル(UQmobile)を利用することができます!

UQモバイルのUQゼロ学割のメリット・デメリットの要点整理
  • UQモバイルのUQゼロ学割のメリットは、適用条件がゆるく、5歳〜18歳という年齢の条件さえ満たせば、スマホ代を3ヶ月無料にできる
  • 一方、UQゼロ学割を適用すると、月額割引が3ヶ月間受けられなくなってしまい、端末代が実費になってしまう
  • したがって、無料期間中は基本使用料が高め=割引金額の多いプランで契約する方がオススメ

UQモバイルのUQゼロ学割のベストな申込みタイミングは?

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割は、最大3ヶ月の月額料金が無料になります。
「最大」とついているのは、契約初月については、利用開始をした日からUQゼロ学割が始まるためです。
つまり、月初1日に利用開始をすれば1ヶ月分の月額基本料が無料になりますが、月末に利用開始をしてしまうと、たった1日で月額基本料無料が終わってしまいます。
というわけで、UQゼロ学割を申し込むベストなタイミングについて、詳しく解説していきます!

新規契約なら月初の利用開始がオススメ

たとえば、おしゃべり/ぴったりプランSの場合、初月の月額基本料は以下のようになり、

  • 月初(1日)に利用開始⇒1,980円
  • 10(1日)に利用開始⇒1,320円
  • 20(1日)に利用開始⇒660円
  • 月末(30日もしくは31)に利用開始⇒66円

利用開始のタイミングによって、UQゼロ学割で割り引かれる月額基本料が変わってきます。
したがって、UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割は、月半ばの申し込み・月末の利用開始が、初月の月額料金が安く抑えられておトクです!

MNPなら月末までに利用開始がオススメ

一方、MNPでUQモバイル(UQmobile)に乗り換えをする場合には、注意が必要です。
MNPで月初に利用開始をしてしまうと、元々利用していた大手通信キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の月額料金がたったの1日で1ヶ月分の月額料金が発生してしまうんです。
なので、MNPの場合は月初1日の利用開始はむしろ最悪です。
MNPの場合は、利用開始日が月末までになるように、申し込みをした方が、トータルでかかる費用は安いです。

UQモバイルのUQゼロ学割のベストな申込みタイミングの要点整理
  • UQゼロ学割のベストな申し込みタイミングは新規契約なら月初。
  • ただし、MNPの場合は、利用中の大手通信キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の基本使用料を余計に払わないために、月末までにUQモバイルを利用開始=大手通信キャリアを解約するのがベスト

UQモバイルのUQゼロ学割の申し込みについて

UQmobile(UQモバイル)のUQゼロ学割を利用するには、

  • 契約者→20歳以上のご家族の方
  • 利用者→18歳以下のご本人

という形で、契約者・利用者の本人確認書類をそれぞれ提出する必要があります。
必要書類・申し込み方法についてそれぞれ見ていきたいと思います。

必要書類

UQゼロ学割は、ウェブ・店舗それぞれで必要書類が変わります。

■ウェブの場合

ウェブでの申し込みの方が、必要書類はシンプルです。
契約者は親権者となり、申し込み時に18歳以下の未成年の方の利用者登録が必要になります。
本人確認アップロード時に下記2点をアップロードしてください。

  • 契約者の本人確認書類
  • 未成年者(利用者)の本人確認書類

■店頭の場合

一方店舗の申し込みの場合、少し必要書類が複雑です。

【契約者が親権者の場合】

契約者が親権者の場合は、下記2点を店頭持って行きます。

  • 契約者の本人確認書類
  • 未成年者(利用者)の本人確認書類
【契約者が18歳・19歳の未成年者の場合】

契約者が18歳・19歳の未成年者の場合は、下記3点を店頭持って行きます。

  • 未成年者の本人確認書類
  • 親権者同意書(兼 フィルタリングサービス不要同意)
  • 親権者本人の確認書類

また、本人確認書類は以下の公的な身分証明書が利用できます。
契約者様が18歳・19歳の未成年の場合、親権者同伴で来店の場合のみ申込み可能です。
契約者が小学生以下の場合、親権者名義での契約となります。
中学進学の2ヶ月前より、未成年者ご本人名義で申し込み可能です。

■本人確認書類

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳
  4. 在留カード
  5. 特別永住者証明書
  6. 健康保険証 + 補助書類
スマホアドバイザー

利用者の本人確認書類として、学生証は不可なので、保険証などを利用するのが良いと思います。保険証の場合は、公共料金の領収書など補助書類も併せて、提出が必要です。

補助書類は以下のものが使えます。
健康保険証を利用される場合は、以下の補助書類も合わせて提出しましょう。

■補助書類

  1. 公共料金の領収書(電気・都市ガス・水道等のいずれか1枚)
  2. 住民票
  3. 届出避難場所証明書
  4. 行政機関発行の領収証

いずれの書類も、親回線の方と、苗字と住所が一致していることを確認してから、提出するようにしましょう。

スマホアドバイザー

UQモバイルのUQゼロ学割を利用するには、

・20歳以上の方が契約する
・18歳以下の方の利用者の本人確認書類を提出する

の2点が必要です。
本人確認書類の提出の際は、本人の本人確認書類だけでなく、18歳以下の方の本人確認書類も併せて提出しないと、UQゼロ学割は適用されないので注意しましょう。

申し込み方法

必要書類が準備できたらUQモバイル(UQmobile)のオンラインストアにアクセスして、UQゼロ学割を使って申し込みを行いましょう。

上記の「ご利用者の年齢確認」の欄で、18歳以上か18歳未満かを選択します。
UQmobile(UQモバイル)のUQゼロ学割は18歳ぴったりの方でも、利用可能です。
なので、上記で18歳以上を選択しても、あとで、本人確認書類を提出すれば、18歳の方でも学割は適用されます。
18歳未満の方は、18歳未満のボタンをクリックしましょう。

契約者の氏名や住所などを入力していきます。

ページの中ほどに、「ご利用者情報」というところがあるので、ここに、UQゼロ学割を受ける利用者の方の情報を入力していきます。

申し込みが完了すると、本人確認書類をアップロードの案内メールが届き、メールに記載されているURLから

  • 契約者の本人確認書類
  • 利用者の本人確認書類

の2枚を必ずアップロードします。
契約者の方の本人確認書類だけアップロードしただけでは、18歳以下の方の年齢確認ができないため、UQゼロ学割が適用されないので、注意してください。

UQモバイルのUQゼロ学割の申し込みについての要点整理
  • UQゼロ学割の申し込みは、「契約者の本人確認書類」「未成年者(利用者)の本人確認書類」の2点の書類が必要
  • あとは申し込み時に利用者情報を入力すれば、UQゼロ学割が自動適用される

UQゼロ学割は家族割引や他のキャンペーンと併用可能?

UQモバイル(UQmobile)では、UQゼロ学割と併用可能なキャンペーンがあります。
UQゼロ学割と併用可能な家族割引と、キャッシュバックキャンペーンについてそれぞれ見ていきたいと思います!

家族割引

UQモバイル(UQmobile)には、家族割引があります。
格安SIM(MVNO)の家族割引は、データシェアができるだけだったり、月額料金の割引額は50円くらいだったりすることが多いです。
ですが、UQモバイル(UQmobile)の家族割引は、子回線の月額料金が500円割引になる本格的な家族割引です。
UQモバイル(UQmobile)で複数の回線を契約すると、1回線目を親回線、2回線目以降を子回線と呼んでいます。
そして、2回線目以降の月額料金を、月額500円割引くというのが、UQ家族割の割引内容です。
UQモバイル(UQmobile)のUQ学割を適用後の、月額基本料は以下のようになります。

  • ぴったりプランS(2GB 60分の無料通話):1,980円→1,480円 500円割引
  • ぴったりプランM(6GB 120分の無料通話):2,980円→2,480円 500円割引
  • ぴったりプランL(14GB180分の無料通話):4,980円→4,480円 500円割引
  • おしゃべりプランS(2GB 5分かけ放題):1,980円→1,480円 500円割引
  • おしゃべりプランM(6GB 5分かけ放題):2,980円→2,480円 500円割引
  • おしゃべりプランL(14GB 5分かけ放題):4,980円→4,480円 500円割引
スマホアドバイザー

UQゼロ学割は3ヶ月間で終わってしまいますが、家族割引は期限がなくUQモバイル契約期間中ずっと利用できます。ご家族で格安SIMに乗り換えるなら、UQモバイルの家族割引はとてもオススメです!

キャッシュバックキャンペーン

UQモバイル(UQmobile)では、申し込みページによって、キャッシュバックキャンペーンが受けられます。
しかし、結論的には、こちらの公式サイトから申し込むのが一番お得です。

たしかに、UQモバイル(UQmobile)の公式サイトではなく、販売代理店のサイトでは、25,000円のキャシュバックが受けられると書いてあります。
しかしながら、上記のキャッシュバックは、実は、端末+SIMカードをセットで契約した場合に、受けられるマンスリー割(24ヶ月分)を合算しただけの金額なんです。
つまり、見せ方が25,000円のキャシュバックとしているだけで、このキャッシュバックは公式サイトで申し込んでも受けられます。

公式サイトで申し込みをするメリットは、

  • iPhoneがセット割で購入できる
  • SIMカードのみで申し込みができる
  • SIMカードのみで申し込むと、3,000円分の商品券がもらえる

といったものがあります。
特にUQモバイル(UQmobile)ではiPhoneのセット割があり、iPhone6s、iPhoneSEが月々実質500円で使えるので、格安SIM(MVNO)でもiPhoneを利用されたい方は、特に公式サイトでの申し込みがオススメです!

UQゼロ学割は家族割引や他のキャンペーンと併用可能かの要点整理
  • UQゼロ学割は、家族割引とも併用可能
  • SIMのみ契約なら3,000円分のキャッシュバックが受けられる
  • 1.5千円程度のキャッシュバックが受けられる申し込みサイトがあるが、単に端末代の割引(マンスリー割)を合算しただけなので、公式サイトで申込む方がオススメ

UQモバイルのUQゼロ学割とワイモバイルのタダ学割の違い

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割と非常によく似た学割に、ワイモバイル(Ymobile)のタダ学割というものがありますが、割引や特典内容は全く同じです。
なので、UQゼロ学割かタダ学割どちらが良いかは、UQモバイルか、ワイモバイルどちらにすべきかを検証する必要があります。
それぞれの特徴は以下のようになります。

UQモバイルの特徴

  • データ容量の繰越がある
  • 2年縛りのないSIMカードのみのプランがある(学割は対象外)
  • 無料通話30分/60分のプランがある
  • auのスマホがそのまま使える
  • auの通信設備を利用しているので、通信エリアが広い

一番おトクなUQモバイルの申し込み先はこちら

ワイモバイルの特徴

  • 店舗がある
  • SIMカードのみの契約で最大15,000円のキャッシュバックが受けられる(タダ学割とも併用可能)
  • 10分間なら何度でもかけ放題の無料通話がついている
  • ソフトバンクのスマホがそのまま使える

一番おトクなワイモバイルの申し込み先はこちら

一見キャッシュバックが受けられて、10分間なら何度でもかけ放題の無料通話がついている分ワイモバイル(Ymobile)の方が有利なように見えます。
ただ、地味にUQモバイルはauの通信設備を利用している分、通信エリアが広く、屋内や地下などでも電話やネットが途切れないという利点があり、どちらも一長一短の部分があります。

UQモバイルのUQゼロ学割とワイモバイルのタダ学割の違いの要点整理
  • UQモバイルのUQゼロ学割は、データ通用量の繰越ができる
  • ワイモバイルのタダ学割は、SIMカードのみの契約で最大15,000円分のキャッシュバックが受けられる
  • パケットをたくさん使いたいならUQモバイルのUQゼロ学割、SIMカードのみの契約ならワイモバイルのタダ学割がオススメ

まとめ

1 UQモバイルのUQゼロ学割って結局どうなの?

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割は、

  • 3ヶ月間は基本使用料0円
  • 3ヶ月間は機種代金がかかる

というメリット・デメリットがあります。
ータ通信量がたくさん使えるプランであるほど、割引額も大きくなるので、プランM/Lの方には特にオススメのキャンペーンです。

2 UQモバイルのUQゼロ学割とは?

UQモバイルのUQゼロ学割とは、2017年12月8日(金)~2018年5月31日(木)の間に申込むと、課金開始月から起算して最大4ヶ月間、基本使用料が無料となるキャンペーンです。
UQゼロ学割対象プランは、おしゃべりプランS/M/LまたはぴったりプランS/M/Lで、利用者が5歳〜18歳であれば、UQゼロ学割の特典を受けることができます。

3 UQモバイルのUQゼロ学割で総額いくら安くなる?

UQゼロ学割を利用すると2GBプラン⇒-1,980円×3ヶ月=-5,940円、6GBプラン⇒-2,980円×3ヶ月=-8,940円、14GBプラン⇒-14,940円の割引が受けられます。
データ高速プラン、音声通話プラン、データ無制限プラン(500Kbps)はUQゼロ学割対象外なので注意しましょう。

4 UQモバイルのUQゼロ学割のメリット・デメリット

UQモバイルのUQゼロ学割のメリットは、適用条件がゆるく、5歳〜18歳という年齢の条件さえ満たせば、スマホ代を3ヶ月無料にできる
一方、UQゼロ学割を適用すると、月額割引が3ヶ月間受けられなくなってしまい、端末代が実費になってしまいます。 したがって、無料期間中は基本使用料が高め=割引金額の多いプランで契約する方がオススメです。

5 UQモバイルのUQゼロ学割のベストな申込みタイミングは?

UQゼロ学割のベストな申し込みタイミングは新規契約なら月初です。
ただし、MNPの場合は、利用中の大手通信キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の基本使用料を余計に払わないために、月末までにUQモバイルを利用開始=大手通信キャリアを解約するのがベストです。

6 UQモバイルのUQゼロ学割の申し込みについて

UQゼロ学割の申し込みは、「契約者の本人確認書類」「未成年者(利用者)の本人確認書類」の2点の書類が必要です。
あとは申し込み時に利用者情報を入力すれば、UQゼロ学割が自動適用されます。

7 UQゼロ学割は家族割引や他のキャンペーンと併用可能?

UQゼロ学割は、家族割引とも併用可能です。
SIMのみ契約なら3,000円分のキャッシュバックが受けられます。
1.5千円程度のキャッシュバックが受けられる申し込みサイトがあるが、単に端末代の割引(マンスリー割)を合算しただけなので、公式サイトで申込む方がオススメです。

8 UQモバイルのUQゼロ学割とワイモバイルのタダ学割の違い

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割は、データ通用量の繰越ができます。
ワイモバイルのタダ学割は、SIMカードのみの契約で最大15,000円分のキャッシュバックが受けられます。
パケットをたくさん使いたいならUQモバイルのUQゼロ学割、SIMカードのみの契約ならワイモバイルのタダ学割がオススメです。

UQモバイル(UQmobile)のUQゼロ学割は、スマホ代がタダになる2017年/2018年のUQモバイルの学割です。
UQゼロ学割の詳細は、以下のようになります。

  • 割引:月額基本料が3ヶ月間無料
  • 特典:データ容量2倍オプションが、次回機種変更まで無料
  • 開催期間:2017年12月8日(金)~2018年5月31日(木)
  • 適用条件:5歳以上18歳以下の未成年。UQモバイルに新規契約/MNPで申込むこと
  • 必要書類:契約者の本人確認書類、未成年者(利用者)の本人確認書類

UQゼロ学割でちょっと注意したいのが、月額基本料が3ヶ月無料になる分、3ヶ月間はマンスリー割が無くなってしまう点です。
マンスリー割は、端末代とセットで契約すると受けられるのですが、割引自体は月額料金に対してされるものです。
なので、月額基本料が3ヶ月無料になると、月額割引によって割引く元がなくなり、3ヶ月間端末代は実費になります。
なので、UQゼロ学割を利用するなら、基本使用料が高めの=割引額の多いおしゃべり/ぴったりプランL(14GB)を申込む方がオススメです。

若干、裏ワザ的な方法ですが、利用開始日を1ヶ月目としてUQゼロ学割が終了する3ヶ月目の月末の1日前に、おしゃべり/ぴったりプランL(14GB)⇒おしゃべり/ぴったりプランS(2GB)に変更するという手もあります。
そうすれば、基本使用料無料のメリットを最大限に受けて、UQゼロ学割終了後は、最安のおしゃべり/ぴったりプランSでUQモバイル(UQmobile)を利用することができます!
UQゼロ学割のデメリットを上手く避けて、UQゼロ学割をお得に利用しましょう!
一番おトクなUQモバイルの申し込みはこちら